世界で戦う選手の
必須のたしなみ
★INTERNATIONAL ACTIVITIES SUPPORT CENTER


★プロ選手や全国トップジュニアも会員の国際活動のエキスパート
 国際選手活動サポートセンター 




★2019年新システムへ移行 : 君もしっかり理解!!






       

    ★低年齢期の海外遠征 : International Touring

    近年、12歳以下・14歳以下の成長期過程のジュニア選手が、ヨーロッパなどを転戦しているのをよく見かけます。
    早いうちからTOPの環境を吸収する事は、神経系=脳の構築にとって必要な事は言うまでもありません。

    実際、日本のジュニア達が普段国内で、目にし、聞き、実際のプレーで体感するテニスと
    ヨーロッパで行われているテニスとは、ルールこそ同じであっても、運動生理学上の特性としては異質と言えるかもしれません。

    私達JTPPのプロ選手の国際活動は、ITFの大会が、IPINでのオンラインが始まる前
    エントリーやウイズドローをFAXでしていた頃に、アジア近郊国 や オーストラリア・北米などから始まりました。
    ジュニア達も、アジア近郊国への遠征から始まり、その中には現在プロとして活躍している選手達もいます。
    その後成長著しい中国のWTA大会、そして近年のヨーロッパでのプロ活動と、世界中を網羅し行ってきましたが
    ヨーロッパのテニス環境は、これこそ世界の中心と言えるレベルのものです。

    もちろん、その素晴らしいテニス環境を
    低年齢のうちにインストールする事を、勧める立ち場である事は言うまでもありません。

    しかし一方で、ユーラシア大陸を、成長期過程のジュニア達が、東西に時差7〜9時間の経度差を
    一年に何度も行ったり来たりする事や、ヨーロッパ内でも、飛行機に乗り、毎週のように国を変えて転戦する事が
    選手達の健全な心身の成長に、負の影響がないか?と問われると、直観として肯定できるものではありません。

    選手達の安全な国際活動を推奨し
    保有する情報の提供や、安全な渡航を支援する、国際選手活動サポートセンターといたしましては
    ヨーロッパや北米での中学生以下の活動に関し、下記の項目について、自主規制を設けておりますのでご参照ください。

    @成長期過程で義務教育下の中学生までの選手は、日本と欧米との往復は、年2回までを上限とする
    A時差による自律神経への影響とその回復期間を考慮し、遠征と次の遠征は、数ヶ月間は空ける事とする
    B国々を飛行機で転戦する様な移動環境は避け、可能な限り安定した環境での強化や大会出場を推奨する
    C遠征を実施している際、ケガや体調不良などの緊急時に対応できる拠点を、各国に提携先を設け配置する
    D遠征の評価として、試合結果だけでなく、心身共に健全に成長しているか?という評価を等価としておこなう

    人間の身体は、永い進化の過程で
    徒歩で行動できる範囲で起こりうる環境変化=気候の変化・飢餓・病原体への抵抗力 等は
    比較的高い順応能力を持っています。

    しかし時速800Kmで地球上を移動し、時差が大きく変化したり、季節が反対になる様な事は
    自然界では起こり得ない事であり、人間が進化の過程で獲得した抵抗力は、それらを想定していません。

    この事は、ジュニア選手だけでなく、プロの成人選手を始め、大会関係者なども共通認識とされる事をお勧めいたします。

    実際、ヨーロッパのジュニア達は、ヨーロッパ選手権などメジャータイトル等の際は別として、通常の活動は
    飛行機に乗って毎週移動し転戦するプロ選手の活動の様なものではなく
    車や電車で一日で行けるぐらいの距離=最大でも自宅から500Kmぐらいを活動範囲としています。

    優れた環境をもっともっとインストールしたい!! と思う気持ちはジュニア選手達として当然の事。
    だからこそより一層、指導者として、多方面から評価した遠征プログラムが必要だと考えます。

    Message from 国際選手活動サポートセンター





INTERNATIONAL SUPPORT


★各種サポート種別と詳細 / 2019年1月より業務内容改定

PROFESSIONAL AGENT
TOTAL SUPPORT
PROFESSIONAL AGENT
SCRAMBLE
TOUR COACH
※海外・国内共通
IPIN SUPPORT
ITF大会 / Pro, Junior
IPIN取得やエントリー代行
Tennis Europe Junior
USTA Junior
アカウント作成やエントリー代行
国際活動のカウンセリング
年間計画等のコンサルティング
ホテルや交通機関の検索・予約
遠征中の予約変更や様々な依頼
主催者への様々な依頼
入国ビザ関係業務代行

ビザ業務不可

ビザ業務不可
大会への遠征帯同コーチ
大会出場中の
遠隔サポート
米国 / ヨーロッパ
長期テニス留学のサポート
米国 / ヨーロッパ
短期テニス留学のサポート
サポート料規定 年間契約
¥16,200 / 1ヵ月
×12ヵ月×人数
1遠征(1ヶ月間まで)
¥21,600
×人数
帯同費
¥21,600×日数
渡航・宿泊等実費要
年間契約
¥10,800
年一括払
ご依頼 ・ お問い合わせ
※PROFESSIONAL AGENT TOTAL SUPPORT のみ、入会金:¥10,800 年会費:¥5,400 を申し受けます
※選手育成アカデミー:国際ユースプログラム・国際ジュニアプログラムの年間契約選手は、入会金・年会費は不要です

※PROFESSIONAL AGENT SCRAMBLE は、お申込時〜遠征終了日までがサポート期間です (例)サポート期間2ヵ月=¥21,600×2ヵ月
※留学のサポートについて、現地調査など費用が発生する場合は、その費用を別途請求させて頂きます
※提携旅行代理店 芥IS


※選手の能力が、次の様な場合、サポート契約をお断りする場合があります

・安全な国際活動に対する注意を繰り返し受け、それに応じる事ができなかった場合
・当サポートセンターの安全規定のポリシーに反する国際活動を行った場合
・テニス賭博にかかわった場合/ITF・TIPP規定に違反した場合
・ドーピングにかかわった場合/ITF・アンチドーピング規定に違反した場合
・選手の自己管理能力が、国際的な選手交流の場において相応しくない場合(言葉づかい・表情・立振る舞い・服装・食事マナー等)





PROFESSIONAL AGENT TOTAL SUPPORT

★国際大会遠征の様々な業務代行

選手の一番の仕事は、テニスを練習し、試合時に最高のパフォーマンスを発揮し、結果を得る事です。
しかし遠征時には、様々な準備や手配で大忙し!! なかなかテニスに集中できない事態に陥ります。

★海外遠征時の必須の業務

・出場する試合の選択と決定 : 試合の2〜3週間前
・遠征国のビザ : 主催者よりインビテーションを取り寄せ各国の大使館へ出向き発給
・交通機関の手配 : 空路・陸路・海路などを検索し、日程と予算に応じたものを予約・チケット発券
・ホテルの予約 : 大会のオフィシャルホテルや立地条件や予算にあったホテルを予約
・主催者への依頼 : 大会出場のために必要な様々な主催者への依頼
・大会出場中のトラブルへの対応 : ケガや病気、交通機関の遅延、急な予定の変更など様々なトラブルへの緊急対応

選手やご家族が、乏しい知識で、あれやこれや苦労しながら…。
「だれかに頼めたらな〜」「試合や練習での悩みや不安を聞いてくれる人がほしい」 と思うのは当然でしょう!!

このシステムは世界で活動する選手達にとって、秘書とも言える頼りがいのあるシステムです。

Eメールであれば、世界中どこからでも受付可能。
世界中にネットワークを構築し広がり続ける当サポートセンターのエキスパートが、選手と一緒に世界と戦います。





PROFESSIONAL AGENT SCRAMBLE

★国際大会遠征の緊急サポート

毎週の様に、大会に出場する選手達。
じっくり用意や下調べができないケースもあり、現地に行ってみると、予想していなかった事が突然発生する事もあります。

その様な、緊急事態に対応した SCRAMBLE SYSTEM
従来の年間契約システムとは違い、遠征毎(1遠征/1カ月まで) のご依頼に対応いたします。

緊急Eメール : info@jtpptennis.com
緊急TEL   : 090-6733-6353 (海外からの場合は、+81-90-6733-6353)




●未成年者のテニス留学や海外の国際大会のサポートにおける、成人の同行に関する規定
海外の国際大会 海外テニス留学
高校生 成人の同行者が必須 空港送迎+航空会社のエスコートサービス
中学生 成人の同行者が必須 成人の同行者が必須
小学生 成人の同行者が必須 成人の同行者が必須
※2019年より、規定を一部変更いたします


=未成年の海外渡航について注意点=

未成年の海外渡航については、その安全性を最優先する事はもちろん
各国の未成年の渡航に関する法規制等を踏まえると、上記の様な規定となります。
当サポーセンターでは、未成年者の全ての海外渡航について、成人の同行者がいる事を推奨しています。





TOUR COACH

★海外や国内の大会への帯同コーチ

テニスは、大会のレベルが高くなるほど、それに比例して自宅から大会会場への距離が遠くなるスポーツです。
また遠征の効果を充分に得るために、遠征を数週間設定する場合もよくあります。

現地での試合前の調整、試合内容の反省と次への課題の確認、大会間の練習やトレーニングなど
ホームと同じ練習環境を、世界中のどこでも維持する事が、試合の結果に大きく影響する事は言うまでもありません。

その時必要なのが、引率し現地で練習してくれるコーチの存在!!

「ホームのコーチはほとんど遠征に来てくれない…」「遠征では友達との練習だけ…」という選手の声にお応えし
国際選手活動サポートセンターの 遠征帯同サポートシステム は
従来の出場するだけだった遠征を、現地でレベルアップができる遠征にグレードアップします。

※ご依頼は、1ヶ月前までにお願いします。
※同一遠征は最大4名まで可能です。その場合サポート料は、参加者人数割となります。
※日程や渡航先の国内情勢などにより、ご希望に添えない場合がございますので、あらかじめご了承ください。






IPIN SUPPORT

★IPIN取得や大会のエントリーなどの業務代行

国際テニス連盟(ITF) の公認する大会に出場するためには、個人ID : IPIN の取得が必要です。
登録には国際テニス連盟と、3回程度コンタクトが必要で、英語やパソコンが苦手な方にとっては、やや難しい作業です。

IPINの新規取得や、その後の大会のエントリーやウイズドロー(エントリーの取り消し)等の業務を代行いたします。

また、ITFプロサーキット(男子フューチャーズ・女子サーキット) にエントリーする全ての選手に
TENNIS INTEGRITY PROTECTION PROGRAM (TIPP)/テニス不正防止プログラム の受講が必須となりました。
その受講に際し、動画視聴をサポートいたします。



★IPIN取得のためのITF規定

★年齢条件
男子フューチャーズ・女子サーキット : 満14歳以上の選手
ジュニアサーキット : 満13歳以上のジュニア選手 

★年間IPINメンバーフィー(ITF)
男子フューチャーズ/女子サーキット : 65USドル
ジュニアサーキット : 40USドル

★その他
Eメールツールが使えるパソコン
個人Eメールアドレス(他の選手との共用不可)





POLICY



★STOP!! HIGH ALERT TRIP : 選手の安全な国際活動のために情報収集を!!





●お問合わせ先
Japan Tennis Players Production Co.,ltd
国際開発事業部
〒659-0066 兵庫県芦屋市大桝町3-16-301
TEL  0797-22-2777
FAX  0797-75-7590
Email  info@jtpptennis.com


JTPP PC版WebSite





※当ホームページの内容には、下記の通り著作権を設定しております。
Copyright (C) 2014-2020 Japan Tennis Players Production co.,ltd. ALL Rights Reserved.