★STOP!! HIGH ALERT TRIP : 選手の安全な国際活動のために情報収集を!!




★国際テロの状況とサポート可能地域についてお知らせ

  ★国際活動の安全管理情報とサポート可能地域について  updated October 2018

  報道でも周知の通り、
国際テロ について、中東/イラク・シリアでは、勢力を失いつつある状況ですが
  他の国々等(西アフリカ地域、エジプト+リビア地域、フィリピン+インドネシア地域)に支配地域が拡散し
  解決には至っていない現状です。

  ヨーロッパや米国圏においても、一時の極度の緊張感は収まりましたが
  空港やターミナル駅には依然、重装備の警官が配置され、常に備えを怠る事はできない状況です。

  また以前から、潜在的に治安が良くない地域では、状況は好転しているとは言えません。
  伝染病の発生や、気候変動による大規模な災害については、むしろ増えている状況と言えるでしょう。


  その発生傾向その他の情報 等を総合的判断し
  下記地域への当サポートセンターの各種サポートは見合わせますのでご留意ください。

  当サポートセンター会員の皆様の海外渡航におかれましては
  その他の地域においても
外務省などが発出する情報 に注視され、充分ご注意されます事をお勧めいたします。




★当面、各種サポートを見合わせる地域
アフリカ圏  全地域 (エジプト・チュニジア・モロッコ・南アフリカ・ナイジェリア・ジブチ 等)
中米圏  全地域 (メキシコ・ベネズエラ・コロンビア・エルサルバドル・ペルー 等)
中東アジア圏  全地域 (イラン・クウェート・トルコ・バーレーン 等)
東南アジア圏  シンガポールを除く全地域 (フィリピン・インドネシア・マレーシア・ベトナム 等)
中央アジア圏  インドを除く全地域 (スリランカ・ウズベキスタン・カザフスタン 等)
東ヨーロッパ圏  ウクライナ ・ ジョージア
※2019年6月まで有効




★外務省 海外渡航の安全に関する情報



★外務省 : 教育機関向け「安全対策講座」 YouTube動画
※当サポートセンター会員の皆様は、必ず動画を視聴してください





★アメリカ合衆国/頻発する発砲事件と銃規制の現状について
※当情報は、保護者の方と共にご覧ください

当サポートセンターは、国際活動に関する 正と負の両面 を積極的に公開し
選手や保護者の皆様の、豊富な情報に基づく、安全な国際活動の検討をお勧めいたします。

 
 ★アメリカ合衆国/頻発する発砲事件と銃規制の現状について

 アメリカ合衆国は、古くは、その建国や独立の歴史、先住民族との抗争
 また広大な国土を、州警察がまかなえない地域には
 市民に銃を所持させ、治安維持を委ねていた背景がありました。

 現代では、治安維持の個人の権利として
 一般市民でも、銃の所持が、法律で認められている国です。

 残念ながら、銃による事件が毎日の様に頻繁に発生し
 多数の被害者が出ている状況です。

 2018年は、銃乱射事件が、5月の時点ですでに101件。
 また、5000人以上が銃に絡む暴力で犠牲になっています。

 特に、日本のジュニアが多く渡航するフロリダ州については
 もともとの治安が悪い事もあり、州の一般市民への銃所持規制が
 同国で最も緩い州で、所持率が最も高い州の一つです。

 ※ウィキペディアの参考資料参照

 当然選手が、大会や強化目的で渡航する際も、細心の安全対策が必要です。

 国際活動を行う選手は当然、自分が渡航する地域の安全情報は常に収集し
 また、危険性の高い地域への渡航を検討する際はまず、その是非を検討し
 細心の注意と、危険を回避する手段を、充分に準備する必要があるでしょう。





★選手の国際活動に関する安全確保の重要性と啓蒙活動
 
  = 安全な国際活動について、選手・コーチ・テニス関係者の皆様の見識ある行動の呼びかけ =

  選手達・コーチ達にとって、試合に勝つ事・ポイントを獲得しランキングを上げる事は
  それこそ 命がけ という表現を使いたくなる程の、高い動機が必要なものでしょう。
  またそのような高い動機が無ければ 「選手として大きな結果を得ることはできない」
  という選手活動の考え方までは、理解できます。

  しかし、そのような表現や考え方の方向を誤り、危険な活動や無謀な活動をして
  それを、勇気ある活動として美化するような考え方が
  今の日本のテニス界に存在する事は、あまりに幼稚で残念な状態 と、言わざるを得ません。

  他の国の選手達も敬遠するような危険がある地域への渡航が
  選手が強くなるために / コーチの質を上げるために 本当に必須のものなのでしょうか?

  確かに、そのような危険がある国の大会は、エントリー数も少なく、また対戦相手のレベルは高くなく
  ポイント獲得が容易で、ランキングの獲得やランキングアップが簡単にできます。

  しかしその様に得たポイントやランキングは選手にとって、「自分が強くなった」 という事とは全く無関係な事です。
  またコーチ達にとっても 「選手を強くした / コーチの質が上がった」 という事とは全く無関係な事です。

  それだけでなく、そのような軽率な考え方や活動が、次の選手達や次のコーチ達へと伝播し
  最終的に、多くのファンやスポンサー等からのテニス界に対する信頼を崩壊させる事態にまで及ぶ事は
  テニスを自分の糧として生活するプロの選手やコーチであれば、容易に見通せなくてはなりません。

  選手達やコーチ達が、そのテニス人生の目標として 命がげで取り組むべきものは
  危険な国際活動での、安易なポイントやランキングの獲得ではないはずです…
  選手に危険な国際活動を、推奨・強要する事ではないはずです…

  テニスを極めるための惜しまない時間や労こそ、私達が命がげで取り組むべきものではないでしょうか?

  私達、国際選手活動サポートセンターは、SAFE ACTIVITIES / 選手の安全な国際活動 という啓蒙活動を通じ
  一人でも多くの選手達・コーチ達が、国際活動の安全に対する意識を高めて頂き
  現在そして未来の選手達のために、安全な国際活動の保全に対する各自の責務を認識して頂きたく思います。