★STOP!! HIGH ALERT TRIP : 選手の安全な国際活動のために情報収集を!!




★外務省 海外渡航の安全に関する情報




★国際活動をするジュニア達の人権擁護について/当サポートセンターから提言

  ★ジュニアの国際活動におけるプライオリティーについて  updated October 2019

   最近
国際活動の知識や経験の少ないジュニア選手達
   国際ジュニアポイントを取りたい との意向で、
安易に、危険が近い地域へ遠征しているケースや
   ジュニア達だけで、冒険的な発想で、その様な
HighAlertTrip をしようとしている傾向が見受けられます。

   また、そのような活動を誘発する一因として
金銭を得るための手段として
   ジュニア達に危険が及ぶ事を知りながら、
保護監督すべき指導者が誘導している事は
   日本テニス界において、
非常に危険で許されない思想・行動として
   当サポートセンターは、大きく警笛を鳴らしたいと思います。
  
   特に、
開発途上国や後発国で開催されているジュニアの国際大会は
   その国や地域に、
国際的なテニス大会を普及するために開催されているケースが多く
   渡航の安全性や、現地のインフラ等が、整っていない場合も、少なくありません。

   また、
テロや自然災害の様に、遭遇する確率が稀な事案よりもむしろ
   水や食べ物を媒体とするチフス・コレラ、蚊を媒体とするマラリア・デング熱・日本脳炎
   動物を媒体とし致死率の非常に高い狂犬病(東南アジアやインド地域は特に多い)など
   
命に係わる病原体などは、ジュニア達が、開発途上国や後発国で遭遇する確率が高く
   見過ごすことのできない、
最も警戒すべき事案です。

   その様な
、命に係わる病原体、良くない治安、テロや紛争など、危険と隣り合わせの活動では
   決してながく続けていく事はできません。一時的にポイントが得れて
   ランキングが上がったり、出場できる大会が増えたとしても、最終的には全てがムダになります。

   学んでいる途上のジュニア達にとっては、国際活動をおこなう地域の選択において
   ポイント取得の安易さを、プライオリティーの上位とせず
   
安全で優れた環境で、ながく活動できるという条件を、最優先とされる事が
   ながい目で見れば、
必ず自分のためになる活動となる事は、過去の多くの事例が証明しています。

   是非その様に、
安全で安定した国際活動を選択されます事を、強くお勧めいたします。




★治安・衛生上の観点から当面、各種サポートを見合わせる地域
中央アフリカ圏  全地域 (ナイジェリア・コンゴ・マリ・ケニア・ジブチ 等)
中米圏  全地域 (メキシコ・ベネズエラ・コロンビア・エルサルバドル・ペルー 等)
中東アジア圏  全地域 (イラン・イラク・クウェート・アフガニスタン・バングラディッシュ等)
中央アジア圏  インドを除く全地域 (スリランカ・ウズベキスタン・カザフスタン 等)
東ヨーロッパ圏  ウクライナ ・ ジョージア
※2021年12月まで有効



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★世界的に第1波の感染が拡大中です

※当サポートセンターは、国際活動に関する 正と負の両面 を積極的に公開し
選手や保護者の皆様の、豊富な情報に基づく、安全な国際活動の検討をお勧めいたします。


★新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的パンデミックの状況と各国の渡航制限 及び その対応について
2020年5月29日発出情報

新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的パンデミックは、世界中に甚大な被害をもたらしています。
当サポートセンターの過去の発出から確認できるように
2020年1月に始めて、中国・武漢から始まったウイルスパンデミックは、ヨーロッパ・北米へ広がり
現在、ロシア・トルコ・インド・中南米諸国・東南アジア諸国・アフリカ諸国で、依然衰えることなく猛威をふるっています。

WHO:世界保健機関からも、「現在なお、世界的パンデミック第1波の真っただ中」 という表現で
世界中に警戒を怠らない様に、大きな警笛を鳴らしています。

世界各国の研究機関では、すでに多くの研究や、ワクチン・新薬の開発が急ピッチで行われています。

そもそもCOVID-19を発症させる ウイルス名:SARS-CoV-2 は、コウモリに寄生するウイルスで
媒体となる哺乳類動物を介して人に感染します。家畜などへの感染も確認されています。

各国は、国境封鎖や到着後の強制力のある隔離処置でウイルスの各国内への侵入を防止する処置を講じ
各国内においても、移動制限や公共施設の利用制限、商工業の生産活動に対する制限など
渡航だけでなく、滞在に関しても、多くの制限を発出し
その収束時期についても、一旦緩和しても、ウイルスの再発生状況によって可逆的な対応を取っています。

残念ながら、この様な世界各国の状況においては
中止や延期が発表されている、ATP・WTA・ITFの各国際トーナメントへの渡航サポートはもちろん
海外アカデミーキャンプへの渡航や入校手配などのサポート業務についても
この新型コロナウイルスパンデミックの収束まで、当面見合わせる事といたします。

尚、各国に未だ滞在されている選手の皆様の帰国についてのサポート 及び
帰国後の練習環境の確保などの情報提供につきましては、引き続き継続いたします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止処置期間の対応について
2020年3月13日発出情報

3月12日(木)、WHO:世界保健機関よる
新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的大流行(コントロール可能なパンデミック)の宣言がなされ
世界各国で様々な、国際関係における感染拡大防止処置が、緊急に講じられました。
テニスの国際トーナメントにおいても急遽
ATP・WTA・ITF などで、4月20日の週まで大会の中止・延期が発表されました。

当処置は直ちに発効され、3月12日(木)の時点で大会期間途中でも中止が発表された国際大会もあります。
この処置は発表によると現在、4月20日の週までの中止・延期が決定されており
その後の再開は状況により随時発表されるとの事です。

当国際選手活動サポートセンターにおいても、ATP・WTA・ITFの決定に準じ
3月16日の週〜4月20日の週までの大会につきまして、遠征に出発するためのサポートは見合わせます。

遠征にすでに出発され、帰国についてのサポートや、遠征先の国や地域の情報提供などは
引き続きサポートを継続いたしますので、随時ご連絡ださい。

特に、日本国外に現在滞在されている選手の皆様におかれましては
まず詳細な情報収集によって、冷静な行動を心がけましょう!!
また、高齢者や持病のある方との接触において、自分自身がウイルスのキャリアとならない様に努めましょう!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★2020年3月7日発出情報

中国から発した新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大により
アジア:中国・日本・韓国、ヨーロッパ:イタリアなどで
国際トーナメントの中止が広がっています。

ITF(国際テニス連盟)から選手向けに発せられている注意喚起では
ITFとしては各国政府から、大会やイベントの中止要請がない限り
「大会をおこなう事を後押しする立場であり、選手の大会出場を妨げる事はない」
としています。

また、大会会場では手の消毒などのブースを設置し、各大会において感染予防の処置を講じているとの事です。

しかし、渡航中や滞在中の感染については、選手が充分な知識を有し
「自分自身で予防策を充分講じななければならない!!」 と注意を喚起しています。

特に、ジュニア選手については、年齢的に自分が発症しにくいとの理由もあり
関心が低いケースもあるようですので、出発前に
現地の正確な情報を、現地日本大使館 などから収集され(問い合わせる現地時間に注意)
また急遽渡航制限が発せられた場合の緊急対応策などを
ジュニア選手は特に、保護責任者・引率者と共に、充分な検討が必要と考えられます。

下記に、ITFからの注意喚起情報:PDFを添付いたします。
ぜひご参照ください。

ITFから 新型コロナウイルス(COVID-19)に関する選手向け注意喚起


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★新型コロナウイルスにともなう安全情報

※当サポートセンターは、国際活動に関する 正と負の両面 を積極的に公開し
選手や保護者の皆様の、豊富な情報に基づく、安全な国際活動の検討をお勧めいたします。


★2020年2月27日発出情報

新型コロナウイルスの感染域は中国全土に拡大し、渡航に大きな影響が出ています。
また中国国内では、ほとんどのITF国際大会が、キャンセルとなっています。

中国国内での致死率は、2%未満となっており、高齢者や持病がある人に集中しています。
WHOの発表でも、ウイルスに感染した人でも、症状が出ない人も多く
必要以上に過剰な反応にならぬよう、冷静な対応が必要です。

感染経路は、エアロゾル感染が有力ですが、手洗いなどを頻繁におこない
自分が、ウイルスのキャリアにならない様、一人ひとりの行動が求められます。

当面、中国への国際活動サポートは、見合わせますのでご参照ください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★2020年1月28日発出情報

新型コロナウイルスの感染が急速に広がっています。
現在死亡率は2.5%未満ですが、肺炎の症状が見られる事から、注意が必要です。

武漢/中国では、ウイルスの封じ込めを目的として、市内の公共交通機関をストップし対応しています。
また空路でも、武漢への乗り入れを制限する航空会社も増えており
事実上、渡航ができない状態との事です。

外務省でも、武漢を含む湖北省全域に対する渡航中止勧告 を出しています。

今後、他の都市へウイルスが広がっていくかは、事態の注視が必要ですが
中国国内で行われる国際大会も、数大会キャンセルが出ている状況を考慮し
当面、武漢を中心とし中国東方地域・南方地域への国際活動サポートは、見合わせますのでご参照ください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★インド・パキスタン・スリランカ、南西アジア諸国の安全情報

※当サポートセンターは、国際活動に関する 正と負の両面 を積極的に公開し
選手や保護者の皆様の、豊富な情報に基づく、安全な国際活動の検討をお勧めいたします。


近年のイスラム過激派による大規模な国際テロは、もともとアフガニスタン内から始まった事は周知の通りですが
現在の情勢では、中東での活動は制圧され、逆にアフリカ諸国や東南アジアに、拡散している情勢です。

2018年のインド・ムンバイの情報では、空港前には戦車が配置され、空港の出入りも時間制で行われていたとの情報を得ています。
懸命に、国際テロ組織の進入を防ごうとしている状況が伺えます。

また隣国パキスタンは、国際テロ組織が、なお潜伏している事が懸念され
また永年インドと、カシミール地方の領有権の紛争をしており、国内情勢は安定しているとは到底言えない情勢です。

スリランカは、永年の内戦後、つい最近ようやく、安定を取り戻せているとの発表がなされるようになりましたが
10年程前に首都コロンボで、ITFジュニア大会が開催されている最中に、反体制派の空爆があり
大会が中止になった事例も考えると、安易にジュニア達が渡航する事を勧められる情勢には至っていないと思われます。

確かに南西アジア諸国も、日本のジュニア選手達にとって、大会のレベルも高くなく、ポイントも取りやすい地域であり
滞在費用も低く抑えられる事から、ジュニア選手達のポイント稼ぎの地域として、飛びついてしまいがちです。

しかし、中東アジアと東南アジアの間に挟まれた地域という地理的条件や、紛争の状況等も考慮すれば
国際テロや紛争の情勢を始め、伝染病や天災などの発生情報も、充分過ぎる程の情報収集が必要な地域と言え
大会での遠征には、その是非自体を、指導者や保護者の皆様が、充分検討される事が必要な地域です!!

当サポートセンターの各種サポートは、インドを除き、当面見合わせていますので、ご参照ください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★アメリカ合衆国/頻発する発砲事件と銃規制の現状について

※当サポートセンターは、国際活動に関する 正と負の両面 を積極的に公開し
選手や保護者の皆様の、豊富な情報に基づく、安全な国際活動の検討をお勧めいたします。


★アメリカ合衆国/頻発する発砲事件と銃規制の現状について

アメリカ合衆国は、古くは、その建国や独立の歴史、先住民族との抗争
また広大な国土を、州警察がまかなえない地域には、市民に銃を所持させ、治安維持を委ねていた背景がありました。

現代では、治安維持の個人の権利として、一般市民でも、銃の所持が、法律で認められている国です。
残念ながら、銃による事件が毎日の様に頻繁に発生し、多数の被害者が出ている状況です。

2018年は、銃乱射事件が、5月の時点ですでに101件。
また、5000人以上が銃に絡む暴力で犠牲になっています。

特に、日本のジュニアが多く渡航するフロリダ州については
もともとの治安が悪い事もあり、州の一般市民への銃所持規制が、同国で最も緩い州で、所持率が最も高い州の一つです。

※ウィキペディアの参考資料参照

当然選手が、大会や強化目的で渡航する際も、細心の安全対策が必要です。

国際活動を行う選手は当然、自分が渡航する地域の安全情報は常に収集し
また、危険性の高い地域への渡航を検討する際はまず、その是非を検討し
細心の注意と、危険を回避する手段を、充分に準備する必要があるでしょう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



★選手の国際活動に関する安全確保の重要性と啓蒙活動
 
  = 安全な国際活動について、選手・コーチ・テニス関係者の皆様の見識ある行動の呼びかけ =

  選手達・コーチ達にとって、試合に勝つ事・ポイントを獲得しランキングを上げる事は
  それこそ 命がけ という表現を使いたくなる程の、高い動機が必要なものでしょう。
  またそのような高い動機が無ければ 「選手として大きな結果を得ることはできない」
  という選手活動の考え方までは、理解できます。

  しかし、そのような表現や考え方の方向を誤り、危険な活動や無謀な活動をして
  それを、勇気ある活動として美化するような考え方が
  今の日本のテニス界に存在する事は、あまりに幼稚で残念な状態 と、言わざるを得ません。

  他の国の選手達も敬遠するような危険がある地域への渡航が
  選手が強くなるために / コーチの質を上げるために 本当に必須のものなのでしょうか?

  確かに、そのような危険がある国の大会は、エントリー数も少なく、また対戦相手のレベルは高くなく
  ポイント獲得が容易で、ランキングの獲得やランキングアップが簡単にできます。

  しかしその様に得たポイントやランキングは選手にとって、「自分が強くなった」 という事とは全く無関係な事です。
  またコーチ達にとっても 「選手を強くした / コーチの質が上がった」 という事とは全く無関係な事です。

  それだけでなく、そのような軽率な考え方や活動が、次の選手達や次のコーチ達へと伝播し
  最終的に、多くのファンやスポンサー等からのテニス界に対する信頼を崩壊させる事態にまで及ぶ事は
  テニスを自分の糧として生活するプロの選手やコーチであれば、容易に見通せなくてはなりません。

  選手達やコーチ達が、そのテニス人生の目標として 命がげで取り組むべきものは
  危険な国際活動での、安易なポイントやランキングの獲得ではないはずです…
  選手に危険な国際活動を、推奨・強要する事ではないはずです…

  テニスを極めるための惜しまない時間や労こそ、私達が命がげで取り組むべきものではないでしょうか?

  私達、国際選手活動サポートセンターは、SAFE ACTIVITIES / 選手の安全な国際活動 という啓蒙活動を通じ
  一人でも多くの選手達・コーチ達が、国際活動の安全に対する意識を高めて頂き
  現在そして未来の選手達のために、安全な国際活動の保全に対する各自の責務を認識して頂きたく思います。











※当ホームページの内容には、下記の通り著作権を設定しております。
Copyright (C) 2020-2025 Japan Tennis Players Production co.,ltd. ALL Rights Reserved.