Daisuke HIRAO
米国プロテニス協会
EliteProfessional


Message from Nick BOLLETTIERI
米国プロテニス協会 Master Professional
世界のテニスを変革し続ける
米国プロテニス協会/USPTA
について語る











選手達の航空チケットは
頼れる HIS にお任せ!!
お近くに店舗もあり
お問い合わせ等にも安心!!






無料体験レッスンWEB予約受付中
画像をクリック⇒WEB予約へ






選手達の安らぎのひと時を
世界中に広がる
IHG HOTELS がご提供します
画像をクリック⇒WEB予約へ















=世界はみんなの前に、平等に広がっている=

JTPP選手育成国際プログラム



= TENNIS EUROPE JUNIOR REPORT / 2017 SUMMER TRINING CAMP =



★BLUDENZ / AUSTRIA : 全ヨーロッパに広がるジュニア育成の競争環境
標高1700m : プレーヤーズパーティーの会場よりアルプスを望む
ジュニア選手達も、ほんの一息…
次週は、ドイツ:レーゲンスブルグの16歳以下に出場
この転戦が、年間30週。TOPを目指すハートが無ければ不可能!!
厳しいプロの世界の体験入学:TENNIS EUROPE JUNIOR TOUR


ダブルス本戦 1R なんとか勝利!!
苦しい練習も、勝つのが何よりのご褒美
オーストリアの選手とペア


大会会場の
Bludenz Tennis Club
目前にはアルプスがそびえる


ヨーロッパ全域で統一したシステムで
開催されている TENNIS EUROPE JUNIOR
陸続きのヨーロッパでは
キャンピングカーでジュニア達が
様々な国をまわっている


イタリアから来ているチームと合同練習
ヨーロッパジュニア達の
競争環境に順応できるかが
その環境を利用できるかの鍵
それはお金では買えないもの!!




★ヨーロッパ遠征・ジュニア部門第2週目 : ブルーデンツ / オーストリアでの TENNIS EUROPE JUNIOR


オーストリアと言っても、スイスとイタリアの国境まで数十キロ。
ブルーデンツは、ヨーロッパアルプスの真っただ中。
千メートルを超える山々が造る深い渓谷にある町です。

気温は最高でも25度、朝は10度まで下がる事もあり、夏とは思えない気温で、長そで必須の毎日です。

TENNIS EUROPE JUNIOR はヨーロッパ全域で統一して開催されているジュニアサーキット。
陸続きのヨーロッパの選手達は、キャンピングカーで、様々な国をまわっています。

この大会も、地元オーストリアはもちろん、スイス・フランス・ドイツ・イタリアなど
強豪国のジュニア選手達が、多国籍に参加し、競争環境を形成しています。

ヨーロッパからは、確実に次々、世界のTOPが出てきます。
この TENNIS EUROPE JUNIOR の環境こそ、世界のTOPへの MAIN ENTRANCE と言えるでしょう!!

その環境に、順応できるかが鍵。
それは、有名アカデミーよりもっと価値があり、それでいてお金では買えないもの と言えるかもしれません!!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




★MUNICH / GERMANY : テニスの世界の中心で、レベルの高さと国際活動の厳しさを知る

U14 Boys 第1シード : SABALIAUSKAS選手(ラトビア・14歳)
身長185cmでも、動きに遅さは感じられず
高さとパワーを使って容赦なく攻撃してくる!!
この選手でも、テニスヨーロッパランキングでは、U14で30位代
コーチは東欧らしく、一秒たりとも気持ちを抜く時間を取らせない厳しさ!!
それでも、至って真面目に厳しい練習に取り組む姿勢は、見習うべき!!


12時間のフライト+7時間の時差
ミュンヘンまでの電車内では
熟睡もやむなし
明日からは厳しいキャンプスタート

遠征初練習の相手は
同じ14歳以下のイタリアの選手
ボールのスピード+パワーに
当てそこないが多く苦戦

世界に出て鍛えたいなら
英語ぐらいは必須のたしなみ
このトレーニングキャンプでは
当然自分で話してもらいます

中学生なら勉強も必須
欧米のジュニアは
テニス+勉強も当然!!
キャンプ中に宿題を終わらせる事



★ヨーロッパ遠征・ジュニア部門第1週目 : ミュンヘン / ドイツでの TENNIS EUROPE JUNIOR


真実を知ればスタートできる!! 真実を知らなければスタートした事にはならない!!

TENNIS EUROPE JUNIOR / 遠征第1週目の本戦がスタート。
下動画は、14歳以下・第1シード : SABALIAUSKAS選手(ラトビア・14歳)
身長185cm、いつでもATPに参戦できそうなプレーと体格、そして運動能力。

この選手でも、TENNIS EUROPE RANKING では、現在34位。
こういうジュニア?が、普通に、TENNIS EUROPE Junior に出場し
ヨーロッパ選手権を目指し戦っています。

他にも、本戦選手は、14歳以下とは思えないハイレベル。
テニスの世界の中心から遠く離れた極東の島国で、世界の現状を知らないジュニア達は
世界に向けてスタートしていると言えるでしょうか?

本当に世界に向けてスタートしたいなら、真実を自分の目で見る事!! 百聞は一見にしかず!!

打ちのめされるかもしれない!! 自信を無くすかもしれない!!
でも、それが自分が目指す道ならば、真実を見て、そこから初めてスタートできるはず!!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




★世界と戦うプロ選手のためのプログラム



★世界と戦うプロ選手アカデミー:オリジナルトレーニングメソッド



★2017年 世界と戦うためのトレーニングと国際活動の方針


= 2016年のプロ活動 PICKUP =

J.ヤンコビッチ 選手から
ポジティブマインドを伝授
2015年10月:WTA広州遠征



2015-16年 WINTER
香港キャンプ



2016年8月
韓国/ユース合同遠征



2016年9月
中国・広州WTA遠征



2016年10月
イタリア遠征

 2017年シーズンが始まりました。

 急激に変化する世界のテニス。
 その加速度は、年々大きなパワーとなって
 世界中の選手達を
 のみ込み、なぎ倒しながら、進んでいます。
 
 その様な状況下では
 世界のテニスの中心から、最も遠いアジアの東端で
 旧態漫然と、同じ事の繰り返しでは
 取り残されていく事は、火を見るより明らかでしょう!!

 急激な流れの中では、停滞は後退 を表します。
 
 この観点において、私達JTPPは
 「日本が活動のホーム」 という考え方さえ
 停滞=後退 の要因となるのでは? と考えています。


 現在、世界のテニスの流れは
 米国+ヨーロッパ+アジア の3つの源から湧き出ています。

 過去数年、それらの地域の拠点となる都市に
 活動拠点(インターナショナルブランチ) を設置し
 トレーニングやトーナメント出場の場を
 よりレベルの高い環境へ、移行できるように進めてきました。

 2017年、JTPPプロ選手アカデミー の活動方針では
 それらの活動拠点に
 試合のための一時的な遠征ではなく、長期滞在し
 選手を強化するための負荷として
 現地の選手達のテニスのレベルや身体能力・メンタル能力
 また、大会システムや施設環境、気候環境など
 様々な優れた条件を、活用できる様に計画しています!!

 また、それらの海外拠点における国際活動環境を
 次世代を担う若い選手達が
 世界と戦う能力を獲得するための強化プログラム の負荷とし
 若い国際選手の育成を、より推進していこうと考えています!!

 また従来、国際トーナメントの遠征をサポートするための
 国際選手活動サポートセンター の業務において
 14歳以下のジュニア選手達の
 海外キャンプ参加のサポートシステムを、新設いたしました。


 21世紀は、グローバル化の時代。
 世界人である事が、当たり前の時代です。
 今世紀の終わりには、日本or海外 という考え方も
 昔話となるでしょう。
 
 急激に変化する国際環境下でのテニス活動において
 その流れに遅れる事なく、タイムリーに!!
 世界中の優れたシステムや環境を
 自分達の強化のために、インストールする事ができるか?

 2017年の、JTPPの活動は文字通り
 =世界をホームとする年= となるでしょう!!

 26 Dec 2016
 D.HIRAO USPTA EliteProfessional


 
  2017年初旬 米国IMGへ挑戦
    中島良太 選手(12歳)



★世界と戦う選手のための新しいプログラム




江藤奈緒子選手
世界を転戦する
WTA Ranked Player
 =世界基準のプロ選手育成アカデミー=

 世界と戦うためのオリジナルトレーニングメソッド
 「複合テニストレーニング」

 選手の各能力の解析とその相補関係を示したこのメソッドは
 世界のTOP選手を含め選手の全ての能力を客観的に理解し
 選手に最高の結果をもたらすトレーニングを論理的に構築し
 世界のTOPと戦う事ができる
 世界基準の能力を持つ選手の育成を可能としています。
 私達と共に、世界の頂点を目指しましょう!!
 

 JTPP PROFESSIONAL ACADEMY


★プロを目指す若い選手のための新しいプログラム



木村航平選手
インターハイ2017出場決定
 =プロ&国際活動へのアプローチ=
 ★ユース(U18-16)トレーニングプログラム


 10代の選手にとって、世界と戦うための準備とは?
 プロ&国際活動を始める前の準備こそ成功の鍵。
 プロアカデミーオリジナルメソッド
 複合テニストレーニング と
 世界との戦いの現場から得られたフィードバックをもとに
 10代の若い選手をプロ&国際活動へと導くプログラム。
 世界基準の選手になるために本当の戦いが今から始まる!!


 JTPP YOUTH TRAINING PROGRAM


★世界を目指す中学生〜小学生のためのプライベートトレーニング



中島良太選手
2017年初旬
米国IMGへ挑戦
 =未来のプロ選手を目指して=
 ★ジュニア(U14-12)トレーニングプログラム

 すべてのジュニア選手は、
 チャンピオンになる夢を見ることができる権利者です。
 「その夢を現実のものとして本当に必要な事を教えてくれる」
 私たちのジュニア向けプログラムは、
 夢を夢で終わらせないために存在しています。
 世界中の選手たちと夢を追い続けたい!! 私たちの願いです。

 JTPP JUNIOR TRAINING PROGRAM


★プロ選手の海外トレーニングキャンプ&ジュニア海外遠征



2014-15 香港キャンプにて
WTA3位 S.HALEP達と
共にプラクティス
 =世界の優れた環境を選手を鍛える負荷にする=
 ★国際トレーニングキャンプ

 テニスの世界の中心 : ヨーロッパ+北米
 そこには、日本には無い優れたトレーニング環境があります。
 その優れた環境を、選手を鍛える負荷にする!!
 世界をHOMEと考えれば、それは容易い選択です。
 さあ!! 世界を目の当たりにし、世界の中で鍛えよう!!

 JTPP INTERNATIONAL TRAINING CAMP


★国際選手活動のサポートや海外アカデミーの紹介



WTA INTERNATIONAL
広州/中国遠征にて
 =世界を飛びまわる選手をサポート=
 ★国際選手活動サポートセンター

 国際活動で必要なサポート体制とは、どのようなものでしょう?
 多くの時間と経費が必要な国際選手活動。
 学業や就職など、普通の進路との葛藤も振りきった大きな決断。
 「絶対に成功させたい」と思うのは当然の事。
 当センターは専門的なアドバイスで、選手達を成功へ導きます。

 JTPP INTERNATIONAL ACTIVITIES SUPPORT CENTER


★世界を目指す選手達のためのプロショップ



2016年秋
VCORE SV をCheck!!

VCORE
SV 100

 =ヨーロッパ遠征直後、VCORE SV を Check!!=

 江藤選手、ヨーロッパ遠征から帰国後すぐ
 2016年秋の New Racquet : VCORE SV を Check!!

 「最初に打ってみて、これ!! 使える!!」 との第一印象。
 もう少しボールの飛びが欲しかった VCORE Si シリーズ
 この VCORE SV では、完全に応えてくれました!!

 スピンのかかりは、従来の性能を維持しながら
 ボールの スピードと伸び を実現してくれたラケットです。

 ぜひ世界基準の VCORE SV シリーズで!!










※当ホームページの内容には、下記の通り著作権を設定しております。
Copyright (C) 2014-2020 Japan Tennis Players Production co.,ltd. ALL Rights Reserved.