灘浜スポーツゾーン 吉川総合公園 丹波の森公苑
●会場案内
Daisuke HIRAO
米国プロテニス協会認定
Elite Professional


ご入会の特典
英会話無料体験レッスン1回OK
画像をクリック⇒無料体験予約へ
※ご入会は任意ですのでご安心ください





★国際ユースプログラム / 対象:高校生


★プロへ挑戦する18歳〜16歳以下の選手ためのプライベートレッスン


★世界の頂点をめざす国際活動 ⇒ ITF ProCircuit でトレーニング

★世界中の優れたシステムを活用 ⇒ 米国・欧州を中心とした遠征先の選択

★プロ選手の国際サポート体制 ⇒ 国際活動サポートセンターを付帯




★プロへアプローチするJTPPの国際プログラム

PROFESSIONAL ACADEMY INTERNATIONAL ACTIVITY
アップグレード規定 ↑ ATP・WTAランカー または JOPランキング150位以上の戦績
INTERNATIONAL YOUTH TRAINING & ACTIVITY
Under18-16
アップグレード規定 ↑ プロ転向志望+全日本ジュニア・インターハイ出場以上の戦績
INTERNATIONAL JUNIOR TRAINING & ACTIVITY
Under14-12




★ITF ProCircuit ルール改正 : ITF TransitionTour2019 移行迫る!!




★世界と戦うために何が必要? / ヨーロッパの ITF ProCircuit の現場より
大会中でも、フィジカルトレーニングに余念が無いヨーロッパの選手達!!
 高校生の年代において、将来世界と戦い続けるプロ活動のために、何が必要でしょう?

 日本の高校生の環境で、砂入り人工芝の上でのラリー練習でしょうか?
 TOPを輩出している環境の選手たちは、そんな事はしていません。

 骨格の成長が止まり、ようやく本格的なトレーニングができる様になる年頃。
 プロとして世界と戦うために、高校生の年代でやる事は、山ほどあります。

 世界で戦える能力を獲得するために、その貴重な時間を自分のために使おう!!
 もちろん学業も、自分の道を作っていくための武器になるもの。

 さあ!! 君達も、世界という広い枠組みで、自分を輝かせよう!!




ATP・WTA・ITF ProCircuit など、世界の優れたシステムを活用した、ユース選手強化プログラム

ヨーロッパを中心に
世界の優れた環境で
ユース選手を鍛えるプログラム

世界を知る!!
実際に世界と戦い
自分のプレーで受け止める事

WTA INTERNATIONAL にて
世界のTOPの考え方を
同じ出場選手の立場で学ぶ

世界と戦うために
誰よりもフィジカルを鍛えあげよ!!
ジムトレは、日々のルーティーン

高校部活動では学びにくい
世界との戦い
そして選手達との交流

ドングリの背比べでは
世界には近づけない!!
世界との戦いを想定した国内練習




★INTERNATIONAL U18-U16 TRAINING PROGRAM

★2018年度新規生募集要項
対象選手  ・高校生で、将来プロ転向を志望している選手
 ・全日本Jr18歳以下〜16歳以下出場経験者・インターハイ出場経験者 または 同等の戦績を有する選手
 ・最低週1回 / 3カ月10回 以上受講できる選手 ※ホームの練習環境は別途必要です
 ・当コース指定の国際活動に、最低年2回参加できる選手(費用自己負担 ※詳細は下記参照)
 ・下記:世界を目指すユース選手のための MINIMUM STANDARD の必要性を認識している選手
プログラム  当プロフェッショナルアカデミーにて独自に開発し実践している 「複合テニストレーニング」 による能力開発
受講期間  1年契約自動更新制(4月〜翌年3月) ※途中月からの入校は2回目の3月末までです
受講形態  プライベートレッスン
 ※ホームとなる練習環境を、各自確保しながらの受講となります
 ※所属団体名称は、ホームの所属となります
プロアカデミー
エキストラ
参加
 土曜日・日曜日の Professional Academy Group Training に、月2回までエキストラ参加が可能です
 Group Training 1日参加=当コース プライベートトレーニング 1回分
受講料  プライベートレッスン : 60分 1回単位 ¥6,480 コート料別途実費必要
 プライベートレッスン : 60分 10回単位(3ヶ月有効) ¥54,000 コート料別途実費必要
 ※入会金・年会費不要
 ※保険代年一括  高校生:1,850 中学生:¥800 (4月〜翌年3月の1年間有効) 
国際活動
サポート
 実際にプロ達の激しい国際活動を支え、国際的なネットワークを広げ続ける 国際選手活動サポートセンター
 
ユース向けには、海外テニス留学 や ITF大会 等の国際活動をサポートしています
 当プログラム受講生は、トータルサポート年間契約 が必須となります :16,200/月×12カ月
ユース
国際キャンプ
 最低年2回、ITFプロサーキットによる 当コース指定の国際活動 を行います(参加必須)
 ※当プログラム主催のユース国際キャンプについては、特別割引を適用します

 個人で希望する国際活動は、国際活動サポートセンター がサポートいたします
 ※個人的な国際活動に関し、費用は全額自己負担(帯同費含む)です
プレ
トレーニング
 国際活動での必須項目で、国内活動では習得しにくいテニスの項目について
 海外の環境を想定したプレトレーニングを行います
 ※当プレキャンプ費用は、プライベートレッスン受講料から充当します
国際
プログラム
MEMBER SHIP
 当国際ユースプログラム会員には、国際プログラムの MEMBER SHIP が与えられ
 
国際プログラム会員サイト より メーカーサポート、スポンサーからの提供等、様々なBENEFIT や
 プロ選手の活動現場の情報や、国際活動の情報、進学指導等、タイムリーに配信いたします

入校テスト  当プログラム入校テスト(テクニカル能力・フィジカル能力・メンタル能力・面接)にて選考いたします
レッスン会場  忍頂寺スポーツ公園 / 大阪府茨木市 / ハードコート6面 / 阪急バスJR茨木〜忍頂寺 35分




  入校を検討されている高校生の選手の方へ注意事項

 当プログラムの入校につきましては、下記項目を充分ご検討・ご了承の上、お申し込みください

 =プログラムの活動目的や負荷強度=
 ★当プログラムは、プロ活動へ挑戦し世界圏で活動できる エリートユース選手 を強化する事を目的としています
 ★当プログラムは、ITF ProCircuit などの国際活動を、最低年2回行います
 ★当プログラムの内容は、プロ活動における必要項目が主となり、高校部活動の結果は優先されません
 ★当プログラムで求められるテニスの能力は、国内全国レベル以上の強度となります

 =入校後、テニス以外に求められる能力=
 ★当プログラムは、強度の高いフィジカルトレーニングが含まれ、高いフィジカル能力を求められます
 ★当プログラムは、メンタルトレーニングが含まれ、メンタルをコントロールする能力を、日常生活時においても求められます

 ★国際活動時では、生活管理能力において、完全な自己責任を求められます
 ★米国の大学進学を想定し、高校2年生までに、TOEFL iBT のスコア : 推奨80 最低60 の取得を求められます
 ★国内大学への推薦取得を想定し、高校1〜2年の各学年での評点平均 : 推奨4.5 最低3.5 を求められます

 ※当プログラムの活動内容や負荷強度等、ご希望されない場合は PRIVATE LESSON システムの 高校生コース をご利用ください




★マッチプライベート
ゲーム
アナリシス
 試合中の戦術や流れの作り方など、技術練習では学びにくい項目について
 練習マッチをしながらコーチがアドバイスする
マッチプライベートレッスン が可能です。
 時間・受講料・コート料の規定 : プライベートレッスン規定同様
 ※対戦相手は任意です。相手が当プライベート生の場合は料金は折半となります。


★ジョイントプライベート
対戦型
強化練習
 レッスン時間が60分では短い…、対戦型練習を多くしたい…等
 2名でのレッスンを希望される場合、他の選手と合同120分の
ジョイントプライベートレッスン が可能です。
 時間・受講料・コート料 : プライベートレッスン規定×2時間分
 ※ジョイントする相手の選手と同意の上お申し込みください。


★ウィークエンドゲスト
遠隔地の
選手達の
週末参加
 関西以外の地域 で活動している国際活動志望ジュニアのためのプログラム
 (例)土曜日 午前:プライベート 〜 午後:ジュニア大会 〜 日曜日 午前:プライベート 等
 ※宿泊は、忍頂寺スポーツ公園・竜王山荘


★ユース国際キャンプ
2018年
ユース
国際キャンプ
 ・インターナショナル スプリング&オータム キャンプ2018

  欧米等の優れた競争環境の中で、プロサーキット活動を通じ、実際のプロ生活を経験し
  ATP・WTAポイント取得を目標とし、世界ランカーを目指します。
  また冬のシーズンオフ期には、フィジカルトレーニングに重点をおいた、トレーニングキャンプを実施し
  世界で勝てるフィジカルを、国際環境の中で築きます。
  
  =2018年春季+秋季:ヨーロッパ遠征実施予定=
  詳細は、当プログラム会員の国内大会スケジュールを考慮し決定いたします
  当ユース国際キャンプは、プログラム会員には 特別割引 を実施いたします


★オンサイトサポート
大会会場への
コーチ帯同
 国際レベルの大会・全国レベルの大会に対し、オンサイト(大会会場)にて
 ウォームアップ・試合間のアドバイス・メンタルアドバイスなどのサポートが可能です。
 サポート料は、国際活動サポートセンター:TOUR COACH の規定となります。

 ※関西以下の大会は、国際レベルで活躍する選手にとって、選手自身の範中と考えています。ご了承ください。




★TRAINING SITE & TIME TABLE
曜日 MON TUE WED THU FRI SAT SUN
会場 忍頂寺 忍頂寺 忍頂寺 忍頂寺 忍頂寺 忍頂寺 忍頂寺
時間帯@ 9:00〜10:00 9:00〜10:00
時間帯A 10:00〜11:00
10:00〜11:00
時間帯B 11:00〜12:00 11:00〜12:00
時間帯C 12:00〜13:00 12:00〜13:00
時間帯D 13:00〜14:00 13:00〜14:00
時間帯E
14:00〜15:00 14:00〜15:00
時間帯F 19:00〜20:00 19:00〜21:00
国際プログラム
会員専用
19:00〜20:00 19:00〜21:00
国際プログラム
会員専用
19:00〜20:00 15:00〜18:00
プロアカデミー
エキストラ参加
15:00〜18:00
プロアカデミー
エキストラ参加
時間帯G
20:00〜21:00 20:00〜21:00 20:00〜21:00
※火曜日・木曜日のナイター時間は、国際プログラム専用です
※土曜日・日曜日の午後、プロアカデミーのエキストラ参加時間を設定しています
※プロアカデミーへのエキストラ参加 : 国際ユースコース受講生+高校生コース/U18・U16全国レベル優秀戦績者の中から選考
※ご希望日程時間帯の空き状況は、随時お問い合わせください





★国内トレーニング会場

=岡山・神戸・京都・滋賀・名古屋から非常に便利になります=

OSAKA-KYOTO 会場
忍頂寺スポーツ公園 ハード6面
新名神:茨木千堤寺ICから車5分 京都亀岡から車30分
JR茨木駅から阪急バス40分
2018年3月18日 新名神高速道路
神戸JCT〜高槻ICが開通
茨木千堤寺IC〜忍頂寺スポーツ公園まで、わずか5分!!








★世界中に広がるインターナショナルサポートシステム

国際選手活動サポートセンター PROFESSIONAL AGENT TOTAL SUPPORT による国際活動サポート
プロアカデミーの海外活動拠点をユース育成に活用!!


・INTERNATIONAL BRANCH FOR TRAINING & STAY


・ROME / イタリア : 南ヨーロッパ遠征の拠点
・AMSTERDAM / オランダ : 西ヨーロッパ遠征の拠点
・HELSINKI / フィンランド : 北ヨーロッパ遠征の拠点
・MUNICH / ドイツ : 東ヨーロッパ遠征の拠点

・HONG KONG / 中国香港特別行政区 : 中国南方地域+東南アジア地域遠征の拠点
・SHANGHAI / 中国 : 中国全域遠征の拠点

・SEOUL / 韓国 : 韓国遠征
・TAIPEI / 台湾 : 台湾遠征




国際ユースプログラム お申込み・お問合せ





★INTERNATIONAL PROFESSIONAL COACH



アムステルダム / オランダにて
 平尾 大助 / Daisuke HIRAO

  米国プロテニス協会認定 Elite Professional
  日本プロテニス協会認定 プロフェッショナル1
  日本体育施設協会認定 トレーニング指導士

  1967年大阪生まれ。
  日本屈指の名コーチ 丸山弘一氏の弟子としてコーチ業を学び、
  湘南在住時代には、日本トッププロ選手のジュニア時期の育成に携わる。

  選手強化トレーニングでは、自身のヒッティングでの、プライベート形式で
  プロ選手を始め、全国レベルの選手達を育成中。

  学業の偏差値70台。 合理性を最低基準としたコーチング。

  プロコーチの国際資格に加え、フィジカルトレーナーの資格も有し
  トップ選手の能力開発プログラムにおいて
  テクニカル能力・フィジカル能力・メンタル能力・タクティカル能力の開発を統合した
  独自理論:複合テニストレーニング を提唱。

  プロ選手やジュニア選手と共に、ヨーロッパを中心に世界中を駆け巡る毎日!!

  有限会社ジャパンテニスプレーヤーズプロダクション 代表取締役

  輩出選手:
  WTAランキング取得選手 全日本選手権・インカレ・全日本ジュニア出場選手 等







★世界を目指すユース選手のための MINIMUM STANDARD



プロを目指すジュニア選手にとってミドル-ハイティーン時代に何を学ぶかが、その後の伸びを決めるといっても過言ではありません。
この頃になると運動能力の高い選手は、ジュニアの大会である程度賞賛される実績を持っているでしょう。
また一般の大会にスポット的に出た時など、意外に勝ててしまう事もあるでしょう。
でもそこでもう一度初心に帰り、プロの世界で通用するための様々な準備に充分時間をかける事がとても重要です。



●高いメンタル能力をもっているか?
  
テニスのプロ活動では一年の4分の3を試合、残りはトレーニングとハードな生活を余儀なくされます。
普通の高校生や大学生とは全く違う生活を送ることになります。
また海外渡航や遠征がほとんどで、生活習慣や食事も普段とは異なり、日常生活も非常に不安定です。
スポンサーやファンの要望にも答えなくてはなりません。

直感で、今の日本の高校生や大学生がその生活に耐え、プロのハイレベルな試合でよい結果を出し続ける事が出来るでしょうか?
高校まで全国レベルのいい成績を残した選手が、いつしかテニス界から姿を消していく理由の大半がこの事によるものです。
  
逆に高校までは目立たなくても、その後大きく成長しいつしか日本を代表するような成績になっていく選手に共通している点は、
高い向上心と止む事の無い努力心です。
このメンタル能力を身につける事こそ、ユース世代の最も重要な課題です。



●強い内発的動機をもっているか?
  
クルム伊達選手はなぜ努力し続けられるのでしょう?
その答えは、「自分自身が努力したいから」「自分自身が努力が好きだから」でしょう。
心の底から自分の努力とそれに対する結果という報酬に喜びを感じているからこそできる事です。
  
選手のあなたは、その強い気持ちを持っているでしょうか?
もし不安な気持ちがあるなら、何かに目標を立てそれを自分の努力でクリアーしてみましょう?
クリアーするまで絶対あきらめない事。一旦立てた目標を低くしない事。
そしてその目標がクリアーできたら、その時自分に対する自信が生まれるのを感じられるでしょう。
  
この自信と次の試練に向かう内発的動機が、あなたのプロ生活の大きな支えになるのです。



●一年中戦い続ける事ができる能力をもっているか?

ジュニア時代では、全国大会は年間5〜6回。そのハードな戦いが年間20〜30大会続いたらどうでしょう?
また試合から試合へ一週間ごとに滞在先が変わり、場合によっては国を越え、違った環境にすぐ適応する事を要求される生活…。
プロ活動では、体力的にも精神的にも、過酷な状態を余儀なくされます。

またランキングは、1試合の成績が良いだけでは上がりませんしシード権はもらえません。
いいかえればプロ選手は、一年間戦い続ける事ができる能力を争っているとも言えます。
  
この過酷な生活に耐えるためには、
・充分に身体と心を鍛える事
・食生活や睡眠時間などの規則正しい生活習慣を身につける事
・自分で考え正しい判断をし行動できる自立心を身につける事 
・自分の考えを正確に伝えるためのコミュニケーションスキルを身につける事

決して焦って先を急ぐ必要はありません。プロの生活をイメージしながら、それに耐えれるかを確かめながら、
充分に自分を高めるための時間を設定しましょう。



●自分のテクニックがプロの試合で通用するか?

ジュニア時代に通用した自分の技術が、そのレベルで勝つために設定したものだったら、その先は決して安泰とは言えないでしょう。
  
たとえばあなたのサーブやリターンは、世界を相手に戦った時、相手にとって厳しいショットになるでしょうか?
たとえばあなたのフットワークは、世界を相手に戦った時、あなたの武器となるでしょうか?
  
また海外の選手との試合を想定し、背の高さや筋量などの身体的条件の違いや運動能力の違いを
体感しておく事も重要です。
   
自分の今持っているテクニックは、本当にプロの世界で通用するのか、もう一度チェックし改良を加え、来たるべき戦いの準備をしましょう。




●一般社会の考え方ができるか?

プロであれジュニアであれ、テニス選手として練習し試合に出場する中で、
その活動を支えて頂いている多くの方々がいる事を忘れてはいけません。

ジュニアの大会で朝集合した時、聞いていた言葉をもう一度思い出してみてください。
プロの選手活動の場では、もうその言葉は言ってもらえません。
  
あなたの行動や態度や言葉遣いや身なりに対する世間の評価は、あなた自身に帰ってきます。
一般社会では、あなたの評価をするのはあなた自身ではありません。あなたの評価は社会がするのです。
「自分のスタイルだから…」という言葉は通用しないのです。
  
もうモラトリアムの時は終わろうとしています。
あなたが本当にプロの世界で成功したいなら、今この時からもう一度本当の強さを身につけるための努力を始めなくてはなりません。








●お問合わせ先
Japan Tennis Players Production Co.,ltd
国際選手事業部
〒659-0066 兵庫県芦屋市大桝町3-16-301
TEL  0797-22-2777
FAX  0797-75-7590
Email  info@jtpptennis.com



JTPP PC版WebSite





※当ホームページの内容には、下記の通り著作権を設定しております。
Copyright (C) 2018-2020 Japan Tennis Players Production co.,ltd. ALL Rights Reserved.